VIVA 東京!たとえ敗れようとも!!

対浦和戦 0-2で負け!

やっぱり浦和はパワーアップしていた。ドリブル勝負ばかりが目立っていた去年と違って、今年はボールと人がよく動き、ゴール前になってチーム全員が「勝負だ!!」と思うとこでは、しっかりドリブル勝負する。
でも東京も前半はそういったことが出来ていた。が、後半はゲームの入り方があまりよくなくそれを引きずったまま試合終了!

ま、東京がチームとしてやろうとしてる「全員守備・全員攻撃」は出来ているから変える必要はない。もちろん得点出来るようにならないといけないが、これからは、その「全員攻撃・全員守備」ができるメンツをどんだけ増やせるかが鍵になるのか?!







試合中は、加地やモニワに代わってスタメンに入った増嶋と前田にどうしても目に入ってしまいました。

増嶋は、試合開始後のプレーで相手にドリブルに抜かれることがなかったのでうまく試合に入れていました。元々持ってるチカラを出してましたよね。後半のCKからのヘディングがゴール入っていたらもっと良かったんだけど、ヘディングのジャンプのタイミングの良さは相変わらずに良く、東京が前線からプレスしに行って浦和が仕方なくロングボールを蹴っちゃう場面でも、しっかりと読みを働かせて良かったです。出来たら綺麗なフィードも見てみたかったかな。まぁ、でもこんなに出来て顔まで良いんだから、やんなっちゃうよなぁ~

前田は前半はうまく試合に入れてたが後半はチームと共にうまく試合に入れずに残念。
ただ、後半に試合の流れで前線までプレスしてボールとって、それをルーカスに預けて浦和ゴールを背を向けて自分の持ち場に帰ろうとした場面。あの場面はそのままワンツーとかで抜け出してシュートして欲しかった。それにその場面で何が1番良くなかったかは、ボールをとってルーカスにボールをあずけた後に、前田は「自分は守備人だから、攻撃は関係ないよ!ルーカス、頼むね」と言っているかのような行為!!!東京は、「全員攻撃・全員守備」なのだからボールをとった瞬間から、守備から攻撃へ頭を素早く切り替えて攻撃するべき!
あとせっかくキック力あるんだからシュートして欲しかった。(ビデオで確認したらアサリでした。スミマセン)

あとは、SBとしてはちょっとロングボールを蹴り過ぎたと思います。たぶん原監督の頭の中にはSBの位置でボールを落ち着かせてそこからゲームメイクしていくってのがあるのでは?だから金沢が加入してきた時に、チームにフィットしてなくても藤山ではなく金沢を使い続けたんでしょう。そういったことから、最低でも両SBのうち片方のSBには球出しが上手い選手を使いたいのでしょう。だから、ボールをすぐ遠くに蹴ってしまう尾亦などが使われない原因でしょう。尾亦には、SBの位置からのゲームメイクできるようになってもらいたい。









【お願い事】
6月7日ユーベ戦。

ここを見た方で、SOCIO方。「自分は日頃G1席以外で観戦しているから、ユーベ戦はGホーム自由席は買わないよ。最大で3席まで買えるがそこまで買わない」という方がいたらコメント欄にでも連絡下さい。僕が指定席を取りますので交換でもいいのでよろしくお願いします。
友人の分を確保したいので。

[PR]

  by el-tokyo.1999 | 2005-04-16 23:46 | FC東京

<< 緑対新潟 明日は浦和戦 >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE