東京対清水 負け

これだけは言わせろ!






















 俺 の 土曜日 を 返せ!!!!!!!!!!!!!!!!!!




































試合は、下の投稿のようにはいきませんでした。
フッ切れないプレーばっかだから、観戦してると徳永英明みたいにモヤモヤ病になっちまうよ。
1対1では、躊躇したプレー、攻撃⇔守備でもそうだからスカーッとしないよ。観戦してるサッカーが詳しくない人間であっても上手くコトバに出来なくても、そんな躊躇したプレーに苛々し、フッ切れたプレーに爽快感みたいなの感じてまたスタジアムに足を運ぶんだ。

日常で色々と縛りがあるんだから、週末の非日常ぐらいは、縛られることなくフッ切れた感じ・爽快感を味わいたいです。

出来ない事にチャレンジするのはとても良いけど、今まで良かったとこを捨てるのは良くない。変化させるなら良いけど。監督が代われば、何もかもが変わるという考えは良くない。継続しつつ変化するから成長するんだ。成長は変化です。



次節は川崎。切替の速いチームだから、そういったとこに感化されて東京の切替が速くなればいいけど。
あと、森様が退場してくれれば勝ち点1は大丈夫かな、と。

あと、「今年はポゼッションだから遅攻で点を取る術を身につける」とか言ってた馬鹿。
意図もなくDFラインだけでポゼッションしやがって!
遅攻にこだわるな!遅攻で点を取るのはキツイ。バルサでもキツイ。しかも東京にはロナウジーニョがいない。東京が遅攻で点を取るなんて10年早い。スーパーな監督とスーパーな外人3人連れてこい。日本人がボールポゼッションしながら遅攻で点を取るなんてまだまだ早いよ。相手の守備ブロックが組織化され盤石になってしまう遅攻より、相手が攻めて相手の守備ブロックが整ってない時に速攻で攻める。速攻が押さえられたらとにかく敵陣に入ってから攻撃。自陣にイスギ。駄目な時のネルシーニョ名古屋かよ。

良いイメージ的には、ボールをボゼッションしつつ攻撃⇔守備での切替を速くしたサッカー。まさに去年のガンバ大阪。日本人の特徴を活かしつつも目指すものはこれだと思うけど。
今のままだと、狙い澄ましたミスパスからしか点取れない。




東京の選手は、一人ひとりがサッカーが出来ないのは理解しつつも、心の中のどこかで期待していたのかな自分は。

ガーロがシーズン前に「ブラジルより日本は準備期間が長いから大丈夫」と言っておきながら日に日にやばくなっていくし、現段階で完成度50%以下ぐらいか?「あ~、これね!これがやりたいのね!」みたいなシーンがいくつかあれば良いけど、ちょっとなぁ~。

これでガーロは、ヒロミの苦しみがわかったと思うし、ブラジル人と日本人はあまりにも違い過ぎるというのがわかったはず。
先週夢の島で、鹿島の地球一の監督とガーロは話してたけど、おそらくこんな内容。
ガーロ:「やぁ。どうだい?」
地球一:「いやぁ、日本は生活しやすいよ~。試合で負けても投石されないしさ」
ガーロ:「そうだよな。日本人にはよくしてもらってるよ。ところで、サッカーなんだけど日本人は俺達が指示した事しかしないよね」
地球一:「そうなんだよ。それ以外でそんな事まで指示しないと駄目なのか?なんて思っちゃったよ」
ガーロ:「そうそう。練習では出来るのに、実践・試合になると出来なくなるんだよな」
地球一:「そっか。もしそうならウチの方がまだまだマシなんだね。でも、来年は、猿の惑星に帰ろうかな」






優勝争いは、来年に期待だな!
今年も、中の下ぐらいの順位なのかな。もうそんな生活飽きちゃったよ。応援しても楽しくないし、新鮮さがなくなってきたのかな。昔は、客がたいしていなくてもアウェーまで行って負けても旨いもん食えれば楽しかったけど、今はつまらんね~。アウェー田舎行っても、森よりビル!星よりネオン!これに限る。




3連敗だけは絶対に避けたい。
[PR]

  by el-tokyo.1999 | 2006-03-19 21:27 | FC東京

<< ん?? 逮捕? 東京対清水 >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE