1━1

c0066991_2055216.jpg



土曜日の午後。
暖かい天候で、ビール片手に「横浜はチームプレーと個人技でチャンスを量産しててスゲェ~な!!東京と同じディビジョンにいるのが不思議だよ。シュート何本撃たれんのかなぁ。もしかして東京は関東大学リーグにでも転籍か」なんて思ってしまいました。



試合は後半、
横浜の田中さんが山本KIDに捧げるGOALで先制。
試合終了間際に、東京が
栗沢FK→今野頭→増嶋GOAL。
で、試合終了

 完敗! でも、スコア的に引き分けです。









後半から、
梶山OUT 宮沢IN

横浜の清水をオールコートマンマークというよりも監視していた今野が、梶山の役割をし、宮沢が清水を監視するようになる。

そして、前に出た今野が自らの推進力を活かしDFと栗沢の間を埋め、宮沢がチーム内で存在感を示そうとして活力あるプレーでチームを活性化する。

ここで清水の監視役が今野→宮沢に代わったことで、岡チャンが動く。
清水OUT 吉田IN

だよな!そうだよな!と頷くしかない交代だった。

でも、一方東京は前半に比べればマシになり、徐々にイイ時間帯が造れつつあった。が、しかし、そこで横浜にGOALが生まれる。

ここからは、以下自主規制。

最後に、ガーロの命を延命させるためだけの増嶋GOAL!





まぁ、こんな感じかな。

全体的に、東京の良い所を探すのが困難な気もする試合でした。でも、ん~・・・、良い所かぁ。去年J2チームだったら、良い所があったかもしれない。

やっぱり、良い所を見つけて前向くのが難しい。

もしそれをするならそれは、貧乏人が、わずかなシアワセを掴み取ろうとするもんだよ。













【相変わらず疑問】
去年までの良い所を土台にプラスアルファをガーロにお願いしたいのだが・・・。

なにもかも変える程、何も積み上げてこなかったクラブなのだろうか、東京は。
色々な事を試行錯誤してきてもまったく駄目な名古屋なのか、東京は。

オールコートマンマークやマンマークしなくてはいけない程、東京のチーム守備は駄目だったのだろうか。守備は堅いが、得点がちょっと・・・というようなチームだったと思うのだが。
ましてや、マンマークを行いながらも千葉みたいに解放ランニングするわけでもなく、ただたんに守るためだけのマンマーク。

去年まで地道に前へ前へ歩んできた東京、それを見て支援してきた自分。
ガーロに全否定された気分です。いや、もしくは強化部の人間に全否定された気分。
強化部の意図と監督ガーロのマッチングがミスマッチだったのかもしれない。



次節の飯田産業高校戦で負けたら、ガーロ辞めてくれ。

フィジコのクリスティアーノだけ残して帰ってくれ。
今のところ、ガーロのもたらした良いとこは、フィジコだけだな。




来週こそいい意味で、期待を裏切ってよ。
[PR]

  by el-tokyo.1999 | 2006-04-01 20:05 | FC東京

<< 雨は大丈夫? 前半、スコアレス >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE