川崎3‐2ガンバ

c0066991_0461863.jpg



中盤での潰しあいがあり、均衡するかと思えたが、撃ち合いでした。
あと、我が東京のことも少しだけ。
━━━━━━━━━━━━━━━━

川崎は、マルクスの代わりにマギヌンが加入。マギヌンは、Jリーグにまだ慣れてないもよう。でも、川崎の切り替えの速さには慣れているもようか?

マルクスがやってた、前線でのボール回しの基点になったり、ゲームの流れ創ったり、ジュニーニョがプラスアルファとしてやってるから大忙し。ジュニーニョは、何から何までやっちゃうから大忙しで、大エースだね。

[気になった事]
・ガンバ宮本と川崎の佐原。
二人とも3バックの真ん中に入ってたけど、ど~も下がってスイーパー的な思考を優先させてしまっているような。
よーは、スイーパーでもイイのだが、3バック真ん中に敵選手が入ってきたらキッチリと捕まえて潰さなくてはいけない。しかし、その真ん中に入ってきた選手を3バックの左右の片方がマークし、スイーパーになろうとしてしまう。
そーなると、真ん中に入ってきた敵選手を片方のCDFがマークし、その片方のCDFがいた場所は決定的スペースになってしまう。
そして、次にその決定的スペースを埋めるためにサイドハーフが下がる。
これは敵に押し込められた、ではなく、自ら下がっただけ。

怪我の寺田の代わりに出場した佐原は、イマイチだった。寺田だったら前で潰せた場面がかなりあったと思うよ。

後半の家長に決められたシーン。
これは、それがよく表れてた。
家長が縦に走って、ちょいと遅れた森。森は、右CDF箕輪へマークを受け渡し。しかし、箕輪は真ん中へ移動したガンバFWのマークを真ん中の佐原に受け渡せずに、そのままマークとともに移動。
そして、箕輪のいた位置が家長やガンバ選手らの決定的スペースになり、家長ゴール。

森:「箕輪!受け渡しでしょ!!!!」
箕輪:「いや、俺は真ん中へ移動したガンバFWのマークしないとフリーになっちゃうからさ・・・」
佐原:「・・・。」

こんな感じか。


・ガンバの守備
相手の飛び出しに警戒心ないのか。今日もスカスカだったよ。

・中村と谷口。
前半は中村が後ろで、谷口が前。
後半は、中村が前で谷口が後ろ。
位置が変わった。何故だ?意図は?切り替えの部分で速く攻め切りたいという意図か。
それとも見間違いか。

・中村対遠藤
甲乙付けがたいが、遠藤の勝ちか。








【東京が長居で収穫祭】
得点も多く入り、勝ってよかった。残留へ大きな勝ち点3GET。

でも、1番嬉しいのは今野ゴーーーーーーーーーーーール!!!!!!

ゴールシーンは、左サイドを駆け上がってお得意の左足か?テレビで確認しないとね。
やっぱ、東京の真ん中から左は今野のためのスペース。聖域だな!
ノリオには悪いが、現段階ではノリオが左サイドで先発出場すると、彼は動き直しをしないし、守備と攻撃が一体化してないから、今野の進入の邪魔になってしまうんだよ。左サイドのフタになってしまう。
今日はノリオよりかは、マシなイノハが入ってよかった。彼は両足使えれるし、頭もそこそこいいしね。

あと、今野をガーロは途中から攻め上がりを極力控えるワンボランチに配置した時は絶句だったよ。
ガーロの考えるワンボランチは、千葉と違って攻め上がらず、バランスを保つことを再優先した規制されたボランチ。または、動かないボランチ。
これでは、今野でない方がイイ!今野の事をわかってない!!

だから、僕の頭の中では、アニメのタッチに出てくるミナミちゃんが登場でしたよ。

ミナミちゃん:「もぉ~、ガーロったら何もわかってないんだからッ!!」(カンカラコ~ン@空き缶蹴ってます)

よーは、明石家さんまがよくやるやつですよ。


とにかく今野GOALが、どんなGOALだったか早くしりたいね。
[PR]

  by el-tokyo.1999 | 2006-07-27 00:46 | Jリーグ

<< 東京対広島@花火DAY ツネ様待ち >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE