カテゴリ:CL( 9 )

 

浦和?

UEFAチャンピオンズリーグ

バルセロナ対チェルシー


監督試合後コメント読んだ。


チェルシーの監督、


モウリーニョは、浦和出身の可能性大?!
[PR]

  by el-tokyo.1999 | 2006-03-08 11:56 | CL

リバプール対チェルシー


水曜の深夜にフジテレビでチャンピオンズリーグ、このカードの試合を見た。
予想以上の糞試合で寝そうになったが、「でも、何かあるだろ!何かやってくれるにちがいない」という根拠のない淡い期待をもってしまうあたりやはり俺は愚民である。

そして、今度は日テレで見てしまった。実況が藤井アナであったのは、俺に対しての罰なのか?
それは置いといて、見たいな~と思ったのは、両チーム共に同じシステムを使ってはいるが、コンセプトが違うという点がどう影響するのかな~とリバプールの前線サイドの選手の位置取り、サイドラインに張り過ぎだろ!?と水曜に思ってたし、それは東京にも似た傾向があるのでその位置取りでどう攻撃し、どう得点をとるのかに注目して見ました。










ん??









   CMいれすぎ・・・(´~`;)









得点シーンしかわからね━━━!

チェルシーの2点目。ドログバからチェルシーの“戸田”ことダフが決めたから良しとしよう。
ドログバから、定石通りのマイナスのパス。それをダフが決めた。でも、あれが本家の東京の戸田だったら、マイナスのパスを予測せずにニアポスト目掛けて突っ込んでたろうなぁ~。彼は、ある意味で型破りな選手だからね。(笑)

アンフィールドの観客も凄かったね。チェルシーの3点目の時、どう見てもオフサイドではないのにラインズマンに抗議する観客。軽~~くだけど。あの得点をチェルシーに与えることのダメージの大きさを心底わかってるからなんだろうね。もし、東京でアレをやったら、また騒がしくなって抗議に対する抗議が起こり、インターネットでは偽善者が騒ぎ立てるだろう。

ダイジェスト放送みたいな感じだったから、90分通して全体的にどうだったとかはあまりよくわからなかったが、気になる点をちょっとだけ。

それは、リバプールのサイドのFW!
水曜よりかは、サイドに張り過ぎてはいなかった。それは、右に左ききの選手を起用してきたからなのかもしれないけど、やはりサイドに張り過ぎだ。
サイドに張ってボールを受けてもいいが、サイドのFWは、ペナルティーエリアの右と左の45度からゴールへ進入していくのが理想なのでは?コーナーフラッグ付近から、センタリングをあげるのはサイドのFWではなくあくまでもサイドバックの仕事なのでは?
これは東京にも言えること。

そのリバプールのベニテス監督は、我を出し過ぎなように思えてならない。選手はあのサッカーを望んでいないような感じを受ける。これはかなり微妙な問題なのかもしれないけど。
しかし、チェルシーより面白いサッカーではある。

チェルシーは・・・、面白くないけど勝利してしまうとこがなんともまぁ~・・・強い!ということなんでしょうね。
ただ、チームが一つの塊のように守備をしたり、守備から攻撃へと切り替わる時は、いっせいに動きだしちゃうあたりはサスガ!

東京は、原監督的にはリバプールみたいなサッカーを実践したいとは思うが、東京が実践した方がいいのはチェルシー。ツマラナイけどね。

首都である以上、楽しいサッカーをしなければ観客は増えないし楽しんでもらえない!みたいな格言??があるけど、そんなの嘘嘘。
ツマラナくても、得点をあげて勝ちが見えてくるロスタイムから ♪眠らない街♪ を歌って試合に勝利すれば、皆喜んじゃうでしょ?!

そしてその後、飲み屋に直行だよ(笑)
そこで皆で戯言を言い合うのさ。そこではは、戯言ではなくかなり理論的に建設的に論じてるつもりなんだけどね。笑

そして、週の半ばから週末の試合に向けて、ワクワク感になり、順位によってはソワソワ感になり(ってことは俺は、ソワソワ感だな)、いざ週末になると文句がありつつもスタジアムに足を運び、愛するチームに一喜一憂しながら歌を唄い続け、試合後に飲み屋に直行するのさ(笑

そして、シーズンオフには廃人になるのさ(笑



とにかく、チェルシーのサッカーだよ!チェルシー!!!
ということ。

ま、水曜よりかは面白い試合でした。
やっぱり、  「アースだなぁ~」
[PR]

  by el-tokyo.1999 | 2005-10-03 04:49 | CL

リヨン勝利

リヨン、4-1-4-1でスタート


1点目:FK梶山ズドン→ルーカス頭でそらしてGOAL
2点目:今野倒される→FK梶山ズドンGOAL
3点目:石川が右ペナ付近→駆け上がる加地さんへ→(マイナスクロス)→石川GOAL



リヨン 3━0 レアル・マドリー
[PR]

  by el-tokyo.1999 | 2005-09-14 05:36 | CL

開幕

チャンピオンズリーグ開幕。リヨンのスタジアム、ゴール後にバックスタンドまでタテ揺れだよ!楽しそうだな~
[PR]

  by el-tokyo.1999 | 2005-09-14 04:11 | CL

アリエナイ後半

後半開始直後から失うものがないリバプールが「リスクチャレンジ」プレーで3得点。陰でその「リスクチャレンジ」のマネージメントをしてたのが、ベテランのハマン!ミランのカカの侵入スペースを消してました。東京のフミタケみたいだ。



延長前半、リバプールは後半とは違い慎重な戦い方。それともそれは意図的なものではなく、FWシセがボールを引き出す動きがないからなのか、どちらかはわかりません。
延長後半は、気力の戦い。





最後は、PKでリバプールが勝つ!
GKデュデク、動きが妖しいぞ━━━!!!
俺的には、シジマール以来だ!
[PR]

  by el-tokyo.1999 | 2005-05-26 06:29 | CL

前半終了

3━0でミランです。

ミランのFW2枚、ものすごく動いてんじゃん!「サッカーは、ボールのないところで決まる!」と いうが、その通りになってしまった。おかげでビール2缶を前半20分までに空けてしまうことに。
「サッカーがボールのないところで決まる」のなら、俺達のダニーロは駄目になっちゃうよ。
[PR]

  by el-tokyo.1999 | 2005-05-26 04:37 | CL

チャンピオンズリーグ決勝

c0066991_344091.jpg
もう少しで決勝。フジテレビでテレビ観戦です。どっちが優勝してもいいけど、12月の世界クラブ選手権ってやつを考えれば、ミランが日テレ的にはオイシイのかな。リバプールが勝てば、まぁ~それなりにオイシイです!

てことで、予想はリバプールが2━0で優勝。前半に先制して、後半にオマケの1点を決める感じ!ま、当たらないけどね。笑




今回のビールは、「第3ビール」ってやつ!
187円ってゆー値段だから、エビスビールを買わずに買ってしまいました。ギネスと比べると、キレが今回の方がある感じ。

アサヒが織田裕二が、もう1つの方はぐっさんが宣伝してるやつ。ぐっさんの営業マン役は、似合い過ぎです!
[PR]

  by el-tokyo.1999 | 2005-05-26 03:44 | CL

モウリーニョ艦隊は沈まない

c0066991_633818.jpg

チェルシー対バイエルンは、4━2でチェルシーの勝ちでした。
ランパード劇場と言っていいぐらいの試合でした。チェルシーは、試合終了間際にバイエルンにPKを与えてしまったのは惜しかったですね。
[PR]

  by el-tokyo.1999 | 2005-04-07 06:03 | CL

チェルシー 対 バルサ

 昨日のフジテレビの録画放送も終わったことなので、そろそろ書いちゃいます。

いや~、「すんげぇ~、試合!!」なんだあれ?? 興奮しまくり!

試合が始まるまでは、チェルシーは怪我人多いしFWドログバいないしで、前半開始直後はチェルシーが、ガンガン圧力かけるが、やっぱりバルサがチェルシーをいなしつつ、得点をあげていく展開かなぁ~ なんてことを思いつつ試合開始を待ちました。


で、試合開始!
 グジョンセン、決めた――!!!    解説ダバディー、グジョンセンを絶賛!!!

 次はランパード、決めた――!!!
 そして、2分後に左サイドから中に詰めていた、ダフが!!ダフはその後もディフェンス。
 もうお前は、「チェルシーの‘戸田’だぁ―――!!!」

ここまででまだ前半20分。その後にバルサのロナウジーニョがまずPKで1点返して、またその後にロナウジーニョネ申降臨!!
うぉぉぉぉぉぉ~~~~ 一人ウイニングイレブンじゃん!


 これで3-2。このままでは突破できないチェルシー。

 でもCKから、テリーが頭でゴォ~~~~~~~~~~~~~~~ル!!!





結果は4-2 。凄かった!試合も凄かったが、解説ダバディーもすごかった。奴はとにかく『現代』サッカーというものを説明したかったらしいが、あんなに流暢に喋りしかも日本語の語彙も多くて脱帽ッス。そんなアンタが本当に本当の『現代』人だよ!!!
モウリーニョ率いるチェルシーには、チームとしての一体感をものすごく感じる一戦でした。


[PR]

  by el-tokyo.1999 | 2005-03-10 21:38 | CL

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE