<   2005年 07月 ( 20 )   > この月の画像一覧

 

サカつく04

c0066991_1244425.jpg

1月にDFの瀬田宏と矢良素雄を獲得。そして3月J2開幕!

しかし引き分けを挟んで7連敗。4月第12節仙台戦で初勝利をあげるが、その後もまったく勝てずに、リーグ戦14チーム中8位という結果に終わる。ライバル、隣島のオイリス利島は2位で昇格決定。
シーズンオフには、新入団選手を大量に10人獲得。スタメンは総取替になってしまった。それが、写メです。
ちなみに、シーズン開幕前の試合では、

対清水 スコアレスドロー
対ベルデー 4━0勝利
対名古屋 2━0勝利
対セレッソ 2━1勝利

ん~、J1相手にイイゾ!!開幕が楽しみだ。
[PR]

  by el-tokyo.1999 | 2005-07-31 01:24 | サカつく04

Jリーグ再開まで暇

c0066991_0421213.jpg

ということで、



はやく『サカつく05』発売しろよ~なんて思いつつも、プレステ2『サカつく04』をやってみることにする。ちなみに前作はやったことあるが、今作は初の試み。そして、プレステ2本体が壊れたので友達から強奪!借りパク?(笑)



クラブ名:EL CICLON新島
ホームタウン:東京都新島村 人口3000人

目指せ、3年以内にJ1!!
[PR]

  by el-tokyo.1999 | 2005-07-30 00:42 | サカつく04

対バイエルン戦

c0066991_21592583.jpg

0━4でバイエルンの勝ち


東京的には、消耗戦に持ち込んで後半に勝負を賭ける!という考えらしかったけど、 東京は消耗せずに4失点で負け。

やる気なし、点獲る気なし、でもサイド攻撃の美学は持ちます!的な感じ。バイエルンは、パス出したら走るのを怠らずに頑張ってるのに、東京はコーナーフラッグ目掛けてボール蹴って終わり。やっぱ、ルーカスいないと始まらないよね。サテライト組みは、相変わらずの生半可なコミュニケーションだし、頑張らないし、チケットは3000円だし、最悪だよ。


       失笑です





ササ見れたのが唯一の救いかな。
[PR]

  by el-tokyo.1999 | 2005-07-28 21:59 | FC東京

遠藤大志

c0066991_21564064.jpg

[PR]

  by el-tokyo.1999 | 2005-07-28 21:56 | FC東京

対バイエルン戦

c0066991_1972244.jpg

観客、微妙~
[PR]

  by el-tokyo.1999 | 2005-07-28 19:07 | FC東京

対神戸戦

1━1 引き分け

ユータ馬場が1点入れて、追い付いたけどその後の時間帯がもったいないよね。東京の攻撃が停滞しちゃったからね!(神戸が上手く守って、東京を停滞させちゃったとも言えるが)

もっとポジションチェンジを起こさないと!動きの連動性ってやつ。それには、ボールのないとこで走らないとね。サイドのノリオ・戸田は前にスペースがある時は犬の様に走れるけど、その二人の前にスペースがない時が問題。そんな時に中盤の3人がローテーションのようにボールのないところで走って、ポジションチェンジを起こさないと。足もとに自信があってもね。
先週の横浜戦では、スコアの関係もあって中盤3人のローテーションが良かっただけに残念。


良かったのはユータ馬場が、東京がリードされてる状況で仕事をしたということ。ようするに、ゲームが難しくなった時に仕事が出来たから価値がある。
欲を言えば、その後の停滞した時間帯で、東京の攻撃を活性化できる要因になれば、かなりの価値があるゲームになったけど。



さぁ、ササはどうなる!?中盤との組み合わせはどうなる!?
そして、今年も鶴瓶は脱ぐのか!?乞うご期待!!!
[PR]

  by el-tokyo.1999 | 2005-07-23 21:44 | FC東京

開始時間変更

c0066991_18332038.jpg

ふぅ~~、あぶねぇ━━━━!!( ̄▽ ̄;)

でも、地震の影響で自分が遅れたのではなく、家でゆっくりし過ぎてたからだけど。
とにかく開始時間変更で助かったよ!あ、でも早く帰ってフジテレビの24時間テレビ見る予定だったのにな~。
[PR]

  by el-tokyo.1999 | 2005-07-23 18:33 | FC東京

中国経済どうよ!?

『人民元が切り上げ』になりましたよ!


たったの2%だけですが、切り上げになりましたよ。小さいな~、中国!!
あと、複数通貨でのことも決まりました。面白くなりますよ~。スミソニアン・ショック再びか!?でも、これはないかな。
もしかして、アメリカからの圧力でこうなったのかはわかりませんが、中国の意図は何でしょうか??対米輸出の強化なのか?何でしょうかね?

これを喜んでるのは、中国にある日本企業というよりも、これ以前に中国で物件を購入した日本に住む日本人になるのかな?購入した時の値段よりも高く売れることになる!ということなのでしょうか??
[PR]

  by el-tokyo.1999 | 2005-07-21 23:21 | 雑記

対横浜戦

4━0

で、うぉ━━━━━━!勝ったどぉ~~~~!!!

右CK栗沢から、神戸戦@ウイングの得点のように今野頭でズドン!
その後、何故か石川に代わってノリオ投入。ノリオの攻守の切替が遅く、横浜のドゥ虎に攻撃の基点を創られヒヤヒヤする。でもスコアは1━0でリードしてるからペナルティ前に守備ブロックを強固していて、横浜はDFラインからロングボールの攻めになってしまう。東京もキーパーと1対1の場面があったが、これで前半終了。横浜の攻守の切替にも助けられた感じ。

後半開始から横浜猛攻!またドゥ虎から。でもリードしてるから15分まで凌げばチャンスは東京にもくると思ってたら、戸田が左サイドを犬ように走り、田中に引っ張られてFK獲得。ボール位置にノリオと栗沢。そこで原監督がゴールに向かって左にいた栗沢を右に行かせて、壁2枚のうち1枚を右にいる栗沢に釣らせて、ノリオ砲で割れた壁をぶち抜く作戦に!それがピタリと成功して、ノリオ砲ゴ~~~~ル!!!
攻守の切替が遅いノリオ。でも、ボールを蹴ってズドンがあるという特徴。短所には少しだけ目をつぶっても長所を伸ばそうと育成した、原監督。
   だ  か  ら、
  ♪原東京! 原東京! 原東京!♪


これで、2━0になり試合を楽に進めれる!が、しかしそこは東京だから、油断禁物だ!

お決まりのように横浜に攻められる。結構猛攻だったかな。でも、ネ申土肥が死守。DFラインとその前の梶山今野栗沢もよかった。その3人は、横浜の中盤からサイドへ走ってくる選手をよく捕まえてたね。いいよいいよ~!!

猛攻を耐えてマイボールにすると、今までと違ってボールを自分達で動かせる東京に変貌。若干横浜の中盤の攻守の切替の遅さに助けられた?感は否めないが。

そうしてるうちにノリオの特徴?弱点ともいえる、攻め残りの癖がブラスに働く。横浜DFの裏のスペースに梶山がノリオにボールが出たがドゥ虎が中に絞っててカット!いや、ドゥ虎がよくわからないミスをしてしまい、むしろボールに変態梶山が乗り移ってミスして、キーパーとの1対1になり、ノリオが冷静に決め、3━0!

その後も横浜の猛攻に耐えて、今野がDFラインの裏に走ったユータ馬場に愛のパス。それをユータ馬場が決め、4━0!



4月10日田舎戦以来のホームでの勝利!!

♪原東京! 原東京! 原東京!♪









いや~、ホントによかったね!沢山客がきたし、横浜ゴール裏のバック側に陣取った小学生らしき軍団からの、♪FC~東京! FC~東京!♪らしきコールもあり嫌がらせ?みたいだったけどよかったね。

横浜は、4DFにして攻撃に重きをおいて‘ポゼッションサッカー’をしようとしてるのか定かではないけど、そんな感じでした。東京が1━0にしてから、その‘ポゼッションサッカー’から東京のDFを崩して得点をとれたら「さすが横浜!強いよな~」ってなるんだけど、そうはいきませんでした。日本人にとって、やはり‘ポゼッションサッカー’で得点をとるのは難しい。結局は、敵が攻めてきてDFラインの広大なスペースへ出て得点って感じだよね。この先、その‘ポゼッションサッカー’で得点をとり、チカラが拮抗してるJリーグでまたリーグチャンピオンになったら凄いよね。Jリーグに日本サッカーに新しい血を入れることになるよね。見物だね!




さてさて、東京は?というと、システムを去年までにやってた4-5-1に戻しました。でも、アレンジされてるよね。
まず、
①右肩上がりということ!右は高めに位置してルーカスの助けをするということ。
②中盤真ん中の3人の動きがアレンジされている。例えば、去年までは主にケリーが真ん中にどっしりと構えていて、ボランチが飛び出してシュートで終われずに逆襲された時に、ボランチの位置まで下がって守備をすることはなかった。「俺はそんなとこまで守備するような選手じゃないから」と言っている感じだった。
でも、栗沢が入ってボランチである梶山今野が飛び出して逆襲されてしまった時、栗沢が飛び出した梶山か今野のどちらかの位置まで下がって代わりに守備してるということ。栗沢梶山今野が創る中盤守備の創造、そしてそこからの攻撃へ行く飛び出しのローテーションと表現できるようなものが東京中盤のファクターになっている。
栗沢は、元々ボランチも出来るからあの位置でのあの役割を与えるのはとてもいいこと。

この中盤3人の攻撃守備のローテーションが現在の東京のファクターという点から考察してみるなら、特にボールのないところでの守備にやや難点があるユータ馬場がトップのFWで使われることがわかる。
現在の東京の流れでトップ下で出る時は、相手にリードされてる後半20分以降になるのかも。
ただ、FWでユータ馬場を使うのは、ルーカスよりかはボールが収まらないけどユースケよりかはイイ!!ということでは?


この2点が、去年と違うところです。
②は、今年初めのの4-3-3の遺産だね。ただそのシステムは、石川と戸田が自ら走るスペースを潰して前向きにプレーができないという難点があったが・・・

川崎戦から、ようやく“タイトに戦える東京”の兆候があらわれ、そして上記の2点が加わった東京!イイ感じです。

でも、『ササ』をどこで使うよ!?どうするよ!?
[PR]

  by el-tokyo.1999 | 2005-07-18 01:03 | FC東京

対エスパ戦

c0066991_22582790.jpg

日本平行ったぞ!1━0で勝ったぞー!やったぞーーーー!

ルーカスゴール、ゴールゴールゴ~~~~~~~~ルぅ!!!
遂に勝ち点3とったどぉー!

ちなみに写メは日本平風景を撮ったはずなのに保存されてなかったので、使い回しだけど『ルーカス様』で!(笑)







今回の遠出のアウェー遠征は普段だったら行かないが、珍しく今回は行きました。

先週土曜日に灰皿蓋傷害事件があって、自分としては行進してた人達の輪に途中から見物程度であったが、その場にいた=参加者ということで、反省してます。

反省する気持ちになったのは、他クラブブログは価値観やバックグラウンドや大きく言えば文化が違うので言わせておけばいいから気にならないが、東京系BLOGを普段見ないやつまで見ていくと、「参加した奴も今後一切スタジアムに来て欲しくない」「あんなのサポーターではない」「あんな行進してたら勝てない」「馬鹿ばかり」などの意見を迂闊にも見てしまい、東京好きな人のBLOGでの意見だからこそ、考えさせられました。

東京好きの意見ということは、東京の試合でスタジアムに来てる東京モンが「スタジアムに今後一切来るな」という意見を怒り気味で持ってるということ。自分みたいなのがスタジアムに行くと、そういった人達に迷惑になるのでは?と思いました。自分が東京の選手に対しての鼓舞の仕方は間違っているのか、事件で選手の内面・精神心理に悪影響を与えてしまったのではないかといろいろと考え、気持ちの整理がつかないので東京の試合を、とりあえず7月は行かない方がいいのかなと考えました。




しかし、日本平に行き、今新幹線ひかりです。なんで行ったのかは、自分でもよくわかりません。今だに気持ちの整理はついていません。一つだけはっきりしてるのは、自分自身のことを‘サポーター’とは思っていません。‘サポーター’という言葉の定義は何ですか?明確な定義づけは出来にくいのでは?非常に奥深く使いづらい言葉なのでこのブログでは、‘〇〇サポ’という言い方ではなく、‘〇〇モン・〇〇支援者’という言い方をしています。

話を戻しますが、今回日本平に行くのは昨日決めたことで、決心できたのは単純なことで試合後の挨拶時に東京の選手の笑顔が早くみたかったからです。
今まで1度も東京の選手に向かってブーイングしたことがなく、4月から連敗地獄でもしませんでした。たぶん、他の人からは自分は甘い奴だと思いますよ!でも、ブーイングしたら東京の選手は、精神が崩れてもっともっと勝てなくなってしまうと考えたから。サッカーはある意味、精神・心理のスポーツ!試合中にどれだけ精神を開放状態にできるかということ。


それに先週水曜の川崎戦@等々力で、相手が1人少ないにもかかわらず、得点出来ずに引き分け。東京ゴール裏の1番前にいた自分は、試合終了の笛がなると背中に異様な空気を感じまくりました。「勝てね~。またか~。成長してねぇ~な~。中断期間何やってたんだ!?」みたいな空気をね。でもその後に ♪ベルデーだけには~♪ を歌い、選手らが挨拶にきて、とても申し訳なさそうに礼をしてました。そん時何故か、今ちゃんと目があい、半ば怒り気味で「気にすんな!次だ次だ!」と叫んでました。最低限の勝ち点1を取ったし、久しぶりに無失点だったからそう叫び?声かけときました。


そしたら、その事がトーチューに。自分なのかはわからないが、7月8日の365日FC東京@トーチューで今ちゃんが、『・・・勝ってないのに‘次だ’と言ってくれて・・・申し訳ない・・。』みたいなのが載ってました。耳にした‘次だ’というメッセージは自分ではなく他の人かもしれない。でも、誰かが発した励ましの言葉・声が選手に届いていて、選手のチカラになってるのなら、「次だ次だ!」と言ったのに東京の試合に行かないという選択は、選手を裏切ることになってしまうのでは?と思いました。(一方で、事件が選手の精神心理に悪影響を与えてしまったということは、自分が選手を裏切ったということになるのかもしれない。)

このようなことをグダグダ考えつつも、裏切りたくはないし、しかも東京が一筋の光りは見えるが苦しい状態なので日本平に行くことを決心しました。
結局、試合中は無理矢理にうやむやな気持ちを取り払って観戦できました。選手達の笑顔をやっとみることができました。



珍しく自分らしくない、真面目に語ってしまいました。
自分らしくないですね~   チ 〇 ポ(笑)

真面目に語るわりにはかなりの雑文・乱文、不適切な淫語など、気にしないように!







今新幹線がどこらへんを通過したかわかりませんが、遠足は家に帰るまでが遠足なので気を抜かずに帰ります。
そして、試合を振り返りながら缶ビールをグビクビ呑んでるので、それではまた!!
[PR]

  by el-tokyo.1999 | 2005-07-13 22:58 | FC東京

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE